空家活用の匠

中種子町空き家改修への補助金|全国補助金一覧 補助金

中種子町空き家改修への補助金

目的

本町における定住を促進し人口の増加を図るとともに本町の活性化に寄与することを目的とする。

対象者の詳細

I・Uターン者等に貸し付ける住宅として,町内建築業者等により概ね60平米以上の空き家の改修を行った者に対し,予算の範囲内において補助金を交付します。
*I・Uターン者
町外在住者であった者で,入居手続年度の前々年度の4月1日以降に定住を目的として町内に住民登録を行った者をいう。
*地域後継者
校区又は集落が地域の後継者と認める者で,中学生以下の子の保護者又は,入居手続年度の前5年以内に婚姻をした者

●対象者
空き家の所有者で次の要件を満たす者に交付する。
(1)住宅の改修が終了した月から少なくとも3カ年間は,I・Uターン者等に貸付又は貸付のため確保することを確約した者
(2)所有者等及びその者と生計を一にする者について,補助金の申請時までの町税を滞納していないこと。
(3)入居予定者が所有者等と2親等以内の血族又は姻族でないこと。
(4)この要綱に基づく補助金の交付を受けたことがないこと。
(5)本町で実施している住宅の改良にかかる補助制度の補助金交付を受けていないこと。
ただし,中種子町住宅改修費給付事業による身体障害者のための住宅改修給付金及び中種子町浄化槽設置整備事業による浄化槽設置整備補助金については,この限りではない。
(6)貸家業を営んでいる者でないこと。
*改修は,当該補助金交付年度の2月末日までに完了することとし,事前着工は認めない。

*補助金申請の受付期間は,交付年度の4月1日から12月28日までとする。

支援内容・支援規模

I・Uターン者等に貸し付ける住宅として,町内建築業者等により概ね60平米以上の空き家の改修を行った者に対し,予算の範囲内において補助金を交付します。
*I・Uターン者
町外在住者であった者で,入居手続年度の前々年度の4月1日以降に定住を目的として町内に住民登録を行った者をいう。
*地域後継者
校区又は集落が地域の後継者と認める者で,中学生以下の子の保護者又は,入居手続年度の前5年以内に婚姻をした者

●対象者
空き家の所有者で次の要件を満たす者に交付する。
(1)住宅の改修が終了した月から少なくとも3カ年間は,I・Uターン者等に貸付又は貸付のため確保することを確約した者
(2)所有者等及びその者と生計を一にする者について,補助金の申請時までの町税を滞納していないこと。
(3)入居予定者が所有者等と2親等以内の血族又は姻族でないこと。
(4)この要綱に基づく補助金の交付を受けたことがないこと。
(5)本町で実施している住宅の改良にかかる補助制度の補助金交付を受けていないこと。
ただし,中種子町住宅改修費給付事業による身体障害者のための住宅改修給付金及び中種子町浄化槽設置整備事業による浄化槽設置整備補助金については,この限りではない。
(6)貸家業を営んでいる者でないこと。
*改修は,当該補助金交付年度の2月末日までに完了することとし,事前着工は認めない。

*補助金申請の受付期間は,交付年度の4月1日から12月28日までとする。

募集期間

●補助金
所有者等が10万円以上の改修を行った場合に改修に要した費用の3分の2に相当する金額(1,000円未満切り捨て)を30万円を限度とし交付する。

対象期間

交付年度の4月1日から12月28日まで

ホームページURL

http://www.town.nakatane.kagoshima.jp/nakatane10/nakatane05.html

パンフレットURL

交付年度の2月末日までに完了すること

問い合わせ先

中種子町役場 企画課 地域振興係
電話0997-27-1111

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

熊毛郡中種子町の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る