空家活用の匠

大崎町空き家有効活用補助事業|全国補助金一覧 補助金

大崎町空き家有効活用補助事業

目的

定住促進および空き家の利活用を促すため、町外に住んでいる方で定住を目的に空き家等情報登録制度を通じて成約し、空き家の修繕等を行った場合に、改修に要した経費の一部を助成します。

対象者の詳細

●補助対象の空き家
個人が自ら居住することを目的に建築し、現に居住していない家屋で大崎町空き家等バンク登録台帳に登録されている物件
アパート、マンションや賃貸住宅として利用されていた家屋は対象となりません。
空き家バンクへの登録は無料です。大崎町空き家バンクよりご確認ください。

●補助対象者
1.UJIターン者
次のいずれにも該当する方
申請時に町内に住所を有していない方、又は町内に住所を有して6ヶ月経過していない方
町外に3年以上居住していた方
2.空き家の所有者又は賃貸を行うことができる権利を有する方

●補助要件
・市区町村民税等に滞納がないこと。
・居住地の自治公民館に加入すること。
・町内の建築業者等(個人事業主を含む)に空き家の改修を発注すること。
・空き家の購入又は賃貸の契約成立後、6ヶ月以内に工事を発注すること。
・3親等内の親族間での空き家の購入又は賃貸での使用でないこと。
・申請年度内に工事が完了すること。

●補助対象経費
・住宅の機能向上のための修繕、模様替え、設備改善(店舗や倉庫などは対象外)に要する経費。ただし、備品の購入や外構工事は対象外とします。
・家財道具等の運搬及び廃棄に要する経費。
・空き家の改修等に要する経費(消費税は除く)で、その額が30万円以上であること。

*工事着工前に申請書類を提出し、町より交付決定を受けてください。改修中、改修後の申請については受理することができません。

支援内容・支援規模

●補助金の額
補助対象経費の2分の1以内で50万円を上限とします。なお、補助金額の千円未満の端数は切り捨てるものとします。

募集期間

平成26年度~平成28年度

対象期間

平成26年度~平成28年度

ホームページURL

http://www.town.kagoshima-osaki.lg.jp/osaki03/osaki333.htm

パンフレットURL

-

問い合わせ先

〒899-7305 鹿児島県曽於郡大崎町仮宿1029
大崎町役場 企画調整課 企画政策係
TEL 099-476-1111(内線222)
FAX 099-476-3979
e-mail:mati@town.kagoshima-osaki.lg.jp

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

曽於郡大崎町の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る