空家活用の匠

鹿沼市の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

鹿沼市の空き家に関する補助金一覧

鹿沼市鹿沼市住宅リフォーム助成事業補助金

目的

市内事業者による住宅のリフォーム工事を行う場合、その経費の一部を助成することで住宅関連産業の振興を図るとともに、居住環境の向上を図ることを目的としています。

対象者の詳細

●補助対象者
申し込み日現在において、市内に住所を有すること。
リフォーム工事を行う住宅の所有者かその親又は子、あるいは居住者。
世帯全員が市税等を完納していること。

●補助対象となる工事
・リフォームする住宅が工事着工時において建築後1年を経過していること。
・市内に本社を有する法人又は、市内に住所を有する個人事業者による住宅リフォーム工事であること。
・補助対象工事は住宅の改修のみで、新築・建替え工事は該当しません。
・同一工事で市が実施する他の住宅改修補助金等の交付を受ける場合は、重複した補助は受けられません。
・リフォーム工事に要した費用が20万円以上(税込)であること。
・基礎、土台、柱、外壁、屋根、床、内壁、天井等の修繕工事又は補強工事
・間取りの変更等の模様替えを行う工事
・台所、浴室又は便所など水回りを改修する工事
・防音、断熱、気密改修工事
・建具のまち鹿沼らしい特徴として、鹿沼建具(市内に本社がある事業所で製造された木製建具)の入れ替えだけでも対象となります。
・園芸のまち鹿沼らしい特徴として、住宅のリフォーム工事に付随して造園や植栽、外構の工事を行う場合、補助対象となる工事費の1/3を限度としてこれらの付随工事費を含めることができます。
・同一敷地内の造園や庭木の植栽、土間や犬走り、玄関周りの外構工事等
※車庫や物置等の改修(カーポート、当初の設計に無いベランダの雨よけ等も)、家具や電気製品の購入などは補助対象になりません。(エアコン、室外機、等)

支援内容・支援規模

●補助金の額
工事費の5%以内、上限10万円(千円未満切捨)となります。
店舗兼住宅のリフォームの場合は住宅部分の面積按分で算出します。
補助金の交付は、住宅1棟につき1回限りです。

募集期間

-

対象期間

-

ホームページURL

http://www.city.kanuma.tochigi.jp/7

パンフレットURL

-

問い合わせ先

経済部 産業振興課 商工振興係(本庁舎 5階 鹿沼市今宮町1688-1)
電話番号:0289-63-2182
FAX番号:0289-63-2189
E-mail:sangyou@city.kanuma.lg.jp

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

鹿沼市の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る