空家活用の匠

阿賀町住宅整備補助金|全国補助金一覧 補助金

阿賀町住宅整備補助金

目的

町では、活力ある町づくりを推進するため、町内における若者の定住及びU・Iターン者の移住を奨励します。
建設課では、住宅の新築やリフォームに住宅整備補助金として応援します。

対象者の詳細

●対象者
U・Iターン者で転入後3年以内の住宅整備
①新築
②増改築(リフォーム・設備整備含む)
※主な留意事項
・同一人世帯人1回限り
・同一建物1回限り
・自ら施工する場合は、対象外
・既に家族等が生活している住宅に転入した場合、その住宅は対象外

支援内容・支援規模

●補助内容
①新築:建築費の10%以内(上限50万円)
②増改築:借家も対象とし、増改築費の50%以内(上限30万円)
③町内の業者に発注した場合は、10万円加算する。ただし、上記の率以内
※算定された額は、千円未満を切り捨てる
・10年以内にこの住宅に自ら居住しなくなった場合、若しくは他人に譲渡又は貸与した場合は、第7条第5号の基準により返還を求める。

募集期間

-

対象期間

-

ホームページURL

http://www.town.aga.niigata.jp/gyousei/section/kensetsu/details_424.html

パンフレットURL

-

問い合わせ先

阿賀町役場 建設課
電話:0254-92-5765
FAX:0254-92-5479

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

東蒲原郡阿賀町の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る