空家活用の匠

黒潮町老朽住宅除去事業|全国補助金一覧 補助金

黒潮町老朽住宅除去事業

目的

地域の住環境改善のため、老朽化し危険な空き家の除去を行う方に対し、除去費を一部補助します。

対象者の詳細

●対象住宅
・町内にある個人住宅であること
・空き家(1年以上使用している方がいない)であること
・木造であること
・賃借権がないこと(土地を含む)
・住宅の老朽度が一定の条件を満たすこと(築後30年経過など)
・倒壊や火災により周囲の住宅や通路に被害を及ぼす恐れのある住宅であること

●申請者
次の①~③のいずれかに該当する方で町税などの滞納がないこと。
①登記簿上の所有者
②①の方の相続人代表者
③①・②の方から住宅の除去について委任を受けた方

●対象工事
次の①~③の要件をすべて満たす工事が対象です。
①建設業などの許可を受けた業者に負わせる除去工事であること
②住宅すべてを除去する除去工事であること(住宅には、居間・寝室があり、台所・風呂・便所を備えていること)
③他の制度などにより補助金の交付や補償などを受けない除去工事であること(ブロック塀の除去工事は対象外)

*補助金の交付決定を受ける前に工事の契約や工事に着手した場合は対象となりません。

支援内容・支援規模

●補助金額
除去工事費の10分の8を補助します。(※100万円を上限とする。)

募集期間

平成26年7月15日(火)~ 8月29日(金)(受付終了)

対象期間

-

ホームページURL

http://www.town.kuroshio.lg.jp/sosiki/machidukurika/cat320/post-105.html

パンフレットURL

-

問い合わせ先

黒潮町役場 本庁 まちづくり課 まちづくり係
電話(0880)43-2115

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

幡多郡黒潮町の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る