空家活用の匠

土佐市住宅リフォーム工事補助|全国補助金一覧 補助金

土佐市住宅リフォーム工事補助

目的

市民の住環境の改善を目的に、該当のリフォーム工事に対し補助金を交付します。

対象者の詳細

●申請者
1.市内に住民登録し、1年以上居住している方。
2.市税の滞納がない方
(対象住宅の所有者及び居住者の同一世帯に属する全員)
※上記の1.2をともに満たす方が対象となります。

●対象住宅 申請者または申請者の親・子が所有する住宅で、現に居住し、市税務課家屋台帳に登録されて5年以上が経過した住宅。

●施行業者
土佐市内の業者(法人は市内に本社機能を有する業者)であって、市税を完納していること。

●注意事項
 補助金の交付決定を受ける前に工事を開始及び終了している場合は、対象となりません。
 増築(床面積が10平米を超える場合)については、建築基準法による県の許可が必要です。
 補助金の交付は、当該住宅につき1度限りです。
 土佐市住宅耐震改修緊急助成事業補助金との併用も可能となります。
 平成27年1月31日までに改修工事を完了すること。

●工事内容
屋根の葺き替え(軽量化、補修等)、床補強(フローリング
等)、壁補強(壁板の張り替え)、天井補強(天井板の張り
替え)、台所の壁及び天井の不燃化、白蟻の駆除 等

支援内容・支援規模

●補助金額
・30万円未満→補助の対象となりません。
・30万円以上~100万円未満→工事費用(消費税込額)の20%の額
(補助金額1万円未満の端数は切り捨て)
・100万円以上→一律20万円

募集期間

平成26年4月7日から(先着順で予定件数に達するまで)

対象期間

平成27年1月31日までに改修工事を完了すること

ホームページURL

http://www.city.tosa.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=1762

パンフレットURL

-

問い合わせ先

土佐市役所 都市環境課
電話:088-852-7692

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

土佐市の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る