空家活用の匠

和歌山市の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

和歌山市の空き家に関する補助金一覧

和歌山市不良空家の除却に係る補助金

目的

周辺環境に悪影響を与え、防災上の問題がある空き家が市内に増加しています。その状況を踏まえ、老朽化の進んでいる空き家を対象として、自ら撤去する場合に、撤去費用の一部を補助する制度です。

対象者の詳細

●対象建築物
次のすべての条件を満たし、不良空家の認定を受けたもの。
① 平成26年4月1日の時点で、居住の用に供されなくなり、3年以上経っている空き家
② 居住の用に供する建築物又はその床面積の2分の1以上に相当する部分が専ら居住の用に供される建築物であったこと。
③ 市で定める判定基準で、評点が100点以上となる建築物。
(家屋が傾いていたり、屋根や壁など、かなり老朽化したものに限られます。内容についてはお問合せください。)

●申請者
次のいずれかを満たす者。
① 空き家の所有者
② 空き家の所有者の相続人
③ 空き家の所有者の同意が得られている場合の土地所有者

●工事の要件
次のすべての条件を満たす必要があります。
① 本市に本店を置く法人又は本市の住民基本台帳に登録のある者が請け負う工事であること
② 建設業法の許可(土木工事業、建築工事業、とび・土工工事業)又は建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律第21条第1項の登録を受けた者が請け負う工事であること
③ 認定を受けた空き家とその敷地内にある工作物(門、塀、その他家屋など)のすべてを除却する工事であること

支援内容・支援規模

●補助金の額
空き家の除却費用の2/3(上限60万円)
(延べ面積が約30平米を下回る場合は、補助金の上限が60万円未満となる可能性があります。)

募集期間

平成26年5月1日(木)~平成26年12月19日(金)

対象期間

-

ホームページURL

http://www.city.wakayama.wakayama.jp/menu_1/gyousei/kentikusidou/furyoakiyahojokin/index.html

パンフレットURL

-

問い合わせ先

和歌山市まちづくり局都市計画部建築指導課
〒640-8511
和歌山市七番丁23番地 和歌山市役所9階
電話:073-435-1100
FAX:073-435-1175
mail :kenchikushido@city.wakayama.lg.jp

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

和歌山市の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る