空家活用の匠

矢板市の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

矢板市の空き家に関する補助金一覧

矢板市「暮らし」のびのび定住促進補助金

目的

第2次21世紀矢板市総合計画の目標人口を達成するために、矢板市内に新たに住居を求める方に対して、補助金を交付します。

対象者の詳細

●補助の対象
“”対象”” は 平成23年10月1日から平成28年3月31日までの間に、矢板市内に住宅を取得し(引き渡しを受け)、定住する方で、次の要件をすべて満たす方となります。

・矢板市内に住宅を取得(新築・建売住宅購入・中古住宅購入)し、そこに住民登録をした方
ただし、同じ敷地内などでの建て替え等は対象となりません。
・住宅取得者が、住宅の引き渡しを受けた時点で45歳以下の方
ただし、平成24年3月31日までに引き渡しを受けた方は、平成23年10月1日から24年3月31日までに46歳になる方も対象になります。
・取得した住宅に2人以上で入居し、5年以上住むことを誓約した方
・同居する世帯員全員に、市税等の滞納がない方
※矢板市外に居住し、東日本大震災で被災した方が転入する場合は、平成23年4月1日から9月30日に住宅の引き渡しを受けた方も対象となります。

支援内容・支援規模

●補助金額
*基本補助
(1)新規用地購入+住宅新築 50万円
(2)住宅新築のみ 40万円
(3)用地購入+中古住宅購入 30万円
(4)中古住宅のみ購入 20万円

*該当する場合の加算
(5)18歳以下の生計を共にする子供がいる場合:人数に関係なく 5万円
(5)矢板市内の建築業者を元請として住宅を新築した場合 5万円

*(1)~(4)のいずれかの基本補助(5)及び、(1)~(2)のいずれかの基本補助に(6)が該当する場合は、それぞれを加算した合計額を補助金額とします。

※ 住宅新築には、新築の建売住宅購入も含みます。
※ (1)及び(3)に該当するのは、用地と住宅の所有者が同一の場合です。
※ (1)に該当するのは、用地購入から3年以内に住宅新築に着工した場合です。

募集期間

平成23年10月1日~

対象期間

-

ホームページURL

http://www.city.yaita.tochigi.jp/soshiki/sougouseisaku/kuranobi.html

パンフレットURL

-

問い合わせ先

総合政策課
〒329-2192
栃木県矢板市本町5番4号
秘書政策班
Tel:0287-43-1112
Fax:0287-43-2292

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

矢板市の解体工事業者を探す

人気の記事

  1. 空き家を解体をすべきか否か?相続予定の方が知るべきポイント
  2. 全国の空き家の数は846万戸!?空き家問題と住宅資産活用の考え方
  3. 空家等対策特別措置法とはどのような法律?
  4. 空き家を有効活用する方法とは?
  5. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  6. 撤去予定の庭石や庭木を買い取ってもらえますか?
  7. 複数の所有者による共有名義の建物を壊す注意点はありますか?
  8. 解体工事のプロセスについて
  9. 解体工事の費用相場について
  10. いい解体業者の選び方

ページの先頭へ戻る