空家活用の匠

雲南市の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

雲南市の空き家に関する補助金一覧

雲南市空き家改修の補助制度

目的

雲南市への移住(UIターン※)を目的に空き家を改修される場合に、改修に要する費用の一部を助成する制度を創設しました。山間部を中心に増加する空き家を有効活用し、雲南市への定住を促進します。

対象者の詳細

※Uターン・・・生まれ育った故郷を離れ、都会地等で生活を送った後、再び故郷に戻って生活すること。
※Iターン・・・都会地等で生まれ生活を送った後、地方に移住すること。

●対象者
・市外から雲南市へ移住される方(①~③の全てに該当する方)
①現在市内に住所を有していない方、または市内に住所を有して6月を経過しない20歳以上の方
②市外に5年以上居住している方(市内に住所を有して6月を経過しない方は、住所を有する前に市外に5年以上居住していた方)
③今後10年以上定住する見込みのある方
・空き家物件の所有者、または所有者から借り受ける地域自主組織、自治会等、NPO法人(上記の方が入居する場合に限ります)

●その他
・対象となる空き家物件は、雲南市空き家活用制度の登録物件に限ります。
・施工業者は、雲南市内に事務所、事業所を有する法人、個人事業所に限ります。
・以下の場合は、補助金を返還していただくことがあります。
①この制度を利用して改修を行った空き家を10年未満で取り壊し、または売却したとき。
②10年未満で転出または転居したとき(引き続きUIターン者用の住宅として空き家登録を継続する場合を除く)。
③申請日の属する年度と同一の年度内に雲南市に転入しないとき。

支援内容・支援規模

●対象経費
空き家の改修に要する経費(消費税は除く)で、その額が50万円以上であること。
※改修は、住宅の機能向上のために行う修繕、模様替え及び設備改善に限ります(店舗や倉庫等は対象となりません)。

●補助金の額
対象経費の2分の1以内(補助金の上限額 50万円)

募集期間

平成21年7月~12月

受付終了

対象期間

-

ホームページURL

http://www.city.unnan.shimane.jp/www/contents/1249361409162/html/common/510deaeb003.html

パンフレットURL

-

問い合わせ先

地域振興課
電話 0854-40-1013
FAX 0854-40-1019
Email chiikishinkou@city.unnan.shimane.jp

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

雲南市の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る