空家活用の匠

出雲市の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

出雲市の空き家に関する補助金一覧

出雲市定住促進住まいづくり助成事業

目的

子育て世代等の定住や、過疎地域等への定住促進を図るため、市民の皆さんが市内の施工業者を利用して自宅の改修工事を行う場合に、その経費の一部を助成します。

対象者の詳細

●対象工事
住宅のリフォーム工事で、工事費50万円以上(消費税を含む)のもの。(既存建物の増築工事を含みます)
※住宅の新築工事は対象となりません。

●対象住宅
自ら所有し、居住している市内の持ち家(マンションは専有部分のみ対象)
※申請者と所有者が異なる場合は、三親等以内の親族所有に限り対象とします。(賃貸住宅は不可)
※店舗等併用住宅の場合、店舗等の部分は対象となりません。
※これまでに「出雲市住宅リフォーム助成金」または『出雲市定住支援「住宅建築・リフォーム」助成金』の交付を受けた住宅についても対象になります。

●申請資格
以下の要件すべてに該当する方
(1) 出雲市に住民登録を有する方(平成26年度中に出雲市に転入する方も対象となります)
※平成26年度中に出雲市に転入する方は、転入後に住民票等を提出していただきます。
(2) 対象住宅を所有(又は三親等以内の親族所有)し、対象住宅に居住している方、又はリフォーム後居住する方
(3) 助成を受けようとする工事について、市の他の制度による補助や国等の補助を受けていない方
(4) これまでに「出雲市住宅リフォーム助成金」または『出雲市定住支援「住宅建築・リフォーム」助成金』の交付を受けていない方
(5) 出雲市市税及び国民健康保険料等について滞納がない方

~優先世帯枠~
上記すべての要件に該当する方で、次の要件に該当する方は、優先世帯枠に申請することができます。
(1)子育て世代世帯
18歳以下(平成7年4月2日以降にお生まれの方)の子2人以上と同居、又は同居しようとする世帯
(2)三世代同居世帯
三世代以上が同居(同一敷地内居住含む)、又は同居しようとする世帯
(3)新規二世代同居世帯
一世代のみの世帯に、親、子又は孫が新たに同居(同一敷地内居住含む)を始める世帯
(4)新婚世帯
婚姻届を提出してから5年未満の夫婦(平成21年4月2日以降に提出された方)が同居している世帯

支援内容・支援規模

●助成金額
*優先世帯枠
工事費の10%で最高10万円(千円未満は切り捨て)

*一般世帯枠
5万円(定額)

募集期間

平成27年1月30日(金)まで

対象期間

平成27年3月20日(金)までに完了する工事

ホームページURL

http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1397713690808/index.html

パンフレットURL

http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1397713690808/files/1.doc

問い合わせ先

総合政策部 縁結び定住課
電話番号:0853-21-6629
FAX番号:0853-21-6599
メールアドレス:teijyu@city.izumo.shimane.jp

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

出雲市の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る