空家活用の匠

佐渡市の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

佐渡市の空き家に関する補助金一覧

佐渡市新・住宅リフォーム支援事業

目的

市民の住環境の向上と、市内経済の活性化を目的に、該当のリフォーム工事を行った方に補助金を交付します。

対象者の詳細

●対象者
佐渡市に住民登録をしており、市税などの滞納がない人

●対象工事
市内の施工業者が施工する個人住宅などのリフォーム工事、下水道新規接続および新規合併浄化槽への排水設備工事です。
ただし、補助対象経費が10万円以上で、交付決定後に着工し、平成27年3月31日までに実績報告が完了する工事です。

●対象建物
申請者が現に住んでいる住宅(住民登録地)であること(併用住宅の場合は住居部分が対象となります)。なお、賃貸住宅は対象外です。

●注意事項
補助金交付決定通知書が届いてから、工事に着手してください。事前に着手された場合は、補助金交付決定を取り消す場合があります。

*本事業は平成26年度事業であり、実績報告期限の延長はいっさい認めません。

支援内容・支援規模

●補助金額
補助対象経費(10万円以上)の20%(1,000円未満の端数は切り捨て)。50万円を限度とします。

募集期間

平成26年8月25日(月曜日)~平成26年8月27日(水曜日)

受付終了

対象期間

平成27年3月31日までに実績報告が完了する工事

ホームページURL

http://www.city.sado.niigata.jp/info/data/2014/0725.shtml

パンフレットURL

-

問い合わせ先

建設課 住宅係
0259-63-5118

佐渡市老朽危険廃屋対策支援制度

目的

良好な景観を保持し、快適な環境づくりを推進するため、市内の解体業者を利用して木造建築物を解体または撤去する方へ、補助金を交付します。

対象者の詳細

●対象者
佐渡市内に木造危険廃屋を所有しており、市税等の滞納がない方または集落。

●対象工事
市内の解体事業者が施工する、個人または集落所有の木造危険廃屋の解体工事。(平成26年12月27日までに完了する工事に限ります)

●対象建物
建築後おおむね25年以上経過し、屋根、柱その他の主要構造部などが朽ち、周辺の生活環境に悪影響を与えている建築物(申請者が居住や利用をしていない場合に限ります)

●対象費用
対象建物の解体・撤去費用

支援内容・支援規模

●補助金額
対象経費の50%(1,000円未満の端数は切り捨て)以内または50万円を限度とします。

なお、以下の場合には、補助金の返還を求めることがありますのでご注意ください。
・解体・撤去後2年以内に住宅等を建築したとき
・解体・撤去後2年以内に土地を有償で譲渡したとき

募集期間

平成26年6月2日まで

受付終了

対象期間

平成26年12月27日までに完了する工事

ホームページURL

http://www.city.sado.niigata.jp/l_guide/c_system/ot/house_demolition.shtml

パンフレットURL

-

問い合わせ先

環境対策課 環境企画係
0259-63-3113

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

くらそうねなら最安値の解体工事会社が見つかる!

ご希望の解体を選択してください

人気の記事

  1. 空き家を解体をすべきか否か?相続予定の方が知るべきポイント
  2. 全国の空き家の数は846万戸!?空き家問題と住宅資産活用の考え方
  3. 空家等対策特別措置法とはどのような法律?
  4. 空き家を有効活用する方法とは?
  5. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  6. 撤去予定の庭石や庭木を買い取ってもらえますか?
  7. 複数の所有者による共有名義の建物を壊す注意点はありますか?
  8. 解体工事のプロセスについて
  9. 解体工事の費用相場について
  10. いい解体業者の選び方

ページの先頭へ戻る