空家活用の匠

笠間市の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

笠間市の空き家に関する補助金一覧

笠間市空き家活用支援補助金

【解体費用のシミュレーション】

解体費用の相場を手軽にシミュレーションすることができます。

  • 「クラッソーネ」では無料でご利用できる解体費用シミュレーターを提供しており解体予定の情報を入れるだけど相場感を知ることができます。
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出しているため、相場感を知りたい方はまず利用をおすすめします。
  • また、カーポートやブロック塀や浄化槽といった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能ですので、トータルの相場感も知ることができます。

目的

空き家バンクの利用促進を目的とし、空き家バンクに登録されている空き家を修繕する方および空き家を取得または賃借する方に対し、予算の範囲内において、笠間市空き家活用支援補助金を交付します。

対象者の詳細

【空き家の修繕に関する補助金】
●対象者
(1)空き家バンク登録物件の個人所有者
または
(2)空き家バンク登録物件に入居し、笠間市に住民登録をする新規転入者(補助金の申請日前1年以内に市から転出したことがある方は除きます。)
※ただし、(1)、(2)のいずれにおいても、次に掲げる要件を全て満たす方とします。
・対象者およびその属する世帯全員に,納付すべき市区町村税等の滞納がないこと
・以前に空き家バンク登録物件修繕支援事業による補助を受けていないこと
・笠間焼陶芸家支援補助金の交付を受けていないこと

●対象経費
住宅の機能または性能を維持または向上させるために、登録物件の一部を修繕、補修、取替え等を行う経費
※ただし、次に掲げる要件を全て満たすものとします。
(1)笠間市内に住所を有する個人または所在する事業者が施工したものに要する費用であること
(2)専用住宅及び併用住宅の居住の用に供する部分の修繕等に要する費用であること

【空き家の利用に関する補助金】
●対象者
笠間市空き家バンク登録物件を取得又は賃借した者で、次に掲げる要件を全て満たす方
(1)取得または賃借した登録物件の住所に住民登録したこと
(2)納付すべき市区町村税等の滞納がないこと
(3)以前に空き家バンク登録物件利用促進事業による補助を受けていないこと
(4)当該物件に5年以上居住すること
(5)笠間焼陶芸家支援補助金の交付を受けていないこと
(6)登録物件を取得した者にあっては、取得者及びその属する世帯全員が市内に居住の用に供する建物を保有していないこと
(7)登録物件の賃借者にあっては、補助金の申請をする日前1年以内に笠間市内に住民登録をしていないこと

●対象経費
笠間市空き家バンク登録物件の取得または賃借に要する費用

支援内容・支援規模

【空き家の修繕に関する補助金】
修繕費の2分の1以内(50万円を限度)

【空き家の利用に関する補助金】
(取得の場合)取得対価の3パーセント以内(30万円を限度)
(賃貸の場合)家賃2か月分に相当する額(10万円を限度)

募集期間

-

対象期間

-

ホームページURL

http://www.city.kasama.lg.jp/page/page003291.html

パンフレットURL

-

問い合わせ先

まちづくり推進課
〒309-1792茨城県笠間市中央三丁目2番1号
電話番号:0296-77-1101
ファックス番号:0296-77-1146

笠間市空き家解体撤去補助金

【解体費用のシミュレーション】

解体費用の相場を手軽にシミュレーションすることができます。

  • 「クラッソーネ」では無料でご利用できる解体費用シミュレーターを提供しており解体予定の情報を入れるだけど相場感を知ることができます。
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出しているため、相場感を知りたい方はまず利用をおすすめします。
  • また、カーポートやブロック塀や浄化槽といった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能ですので、トータルの相場感も知ることができます。

目的

近年、少子高齢化や経済的事情などの理由により発生した空き家が老朽化、荒廃化することにより、倒壊や犯罪等の危険性など周辺住民に悪影響を及ぼしていることが全国的に社会問題になっています。

市では放置された空き家が管理不全状態となることの防止と解消を促すことで、生活環境の保全及び防犯のまちづくりに寄与することを目的として「笠間市空き家等の適正管理に関する条例」を制定し、平成25年4月1日から施行しました。

助言・指導及び勧告を行われた所有者の方が、将来に亘り管理を行えないことにより、解体撤去を行う場合、一定の条件によりその費用を一部補助するものです。

対象者の詳細

●補助の対象となる建物
・管理不全状態の空き家で、主に居住の用に供していた建物。
*店舗・工場・賃貸住宅等、営利目的の建物は補助対象になりません。

●補助条件
・該当建物の所有者及び土地の所有者の方。
・空き家等の適正管理に関する条例により助言・指導又は勧告を受けた方。
・市税を滞納していない方。
・所有権以外の物権又は占有権限が設定されていないこと。
・有資格者(建築士)同行の立入調査により補助対象と認定された建物

支援内容・支援規模

●補助金額
建物解体費用の1/3かつ補助金上限額30万円

募集期間

-

対象期間

-

ホームページURL

http://www.city.kasama.lg.jp/page/page004834.html

パンフレットURL

-

問い合わせ先

まちづくり推進課
〒309-1792茨城県笠間市中央三丁目2番1号
電話番号:0296-77-1101
ファックス番号:0296-77-1146

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

くらそうねなら最安値の解体工事会社が見つかる!

ご希望の解体を選択してください

人気の記事

  1. 空き家を解体をすべきか否か?相続予定の方が知るべきポイント
  2. 全国の空き家の数は846万戸!?空き家問題と住宅資産活用の考え方
  3. 空家等対策特別措置法とはどのような法律?
  4. 空き家を有効活用する方法とは?
  5. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  6. 撤去予定の庭石や庭木を買い取ってもらえますか?
  7. 複数の所有者による共有名義の建物を壊す注意点はありますか?
  8. 解体工事のプロセスについて
  9. 解体工事の費用相場について
  10. いい解体業者の選び方

ページの先頭へ戻る