空家活用の匠

河西郡中札内村の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

河西郡中札内村の空き家に関する補助金一覧

中札内村定住促進に向けた支援

【解体費用のシミュレーション】

解体費用の相場を手軽にシミュレーションすることができます。

  • 「クラッソーネ」では無料でご利用できる解体費用シミュレーターを提供しており解体予定の情報を入れるだけど相場感を知ることができます。
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出しているため、相場感を知りたい方はまず利用をおすすめします。
  • また、カーポートやブロック塀や浄化槽といった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能ですので、トータルの相場感も知ることができます。

目的

村では、定住の促進と中札内らしい個性ある住文化を実現するため、村内の賃貸住宅に入居した方や、住宅の建設や購入をされた方に対し、補助金を交付しています。

対象者の詳細

【民間賃貸住宅家賃助成】
●概要
村内の民間賃貸住宅に入居している方に対し、家賃の一部を助成します。

●対象者
村内の賃貸住宅に居住し、住民票に記載された日から、3ヶ月を経過している方
※ただし、次のいずれかに該当する方は除きます。
・現に住宅手当を受けているもので、その月額が15,000円を超える方
・居住している住居が社宅、寮、一戸建ての方
・前年の給与収入金額が420万円を超える方
・国や地方公共団体に勤務し、住宅手当を受けている方

【定住促進奨励金】
●概要
新築住宅等の固定資産税相当額を5年間助成します。

●対象者
村内に住宅を新築又は購入(中古住宅および建売住宅を含む)し、その住宅に住所を有する方

【中札内スタイル住宅建設奨励金】
●概要
村で定める基準に適合する住宅を新築又は購入した方に対し助成します。
基準については、「中札内スタイル住宅建築基準要項」をご覧ください。
http://www.vill.nakasatsunai.hokkaido.jp/gyousei/kurashi/jyuutaku_takuchi/files/1271898854322.pdf

●対象者
村で定める基準に適合する住宅を新築又は購入(中古住宅は除く)し、その住宅に住所を有する方

【移住促進奨励金】
●概要
中札内村に移住するために住宅を新築又は購入(中古住宅および建売住宅を含む)した方に対し助成します。

●対象者
世帯主または配偶者が40歳未満又は中学生以下の子どもがいる方

支援内容・支援規模

【民間賃貸住宅家賃助成】
●助成額
月の家賃額が25,000円を超える額の2分の1以内(限度額10,000円)

【定住促進奨励金】
●助成額
新築住宅等に係る固定資産税相当額を5年間(毎年度固定資産税の完納後に、その相当額を助成)

【中札内スタイル住宅建設奨励金】
●助成額
住宅1戸につき500,000円
ただし、新築又は購入する住宅が、北方型住宅に登録された住宅の場合、助成額は800,000円

【移住促進奨励金】
●助成額
新築の場合 1戸につき500,000円
購入の場合 取得価格の5%以内とし、限度額は500,000円

募集期間

-

対象期間

-

ホームページURL

http://www.vill.nakasatsunai.hokkaido.jp/gyousei/kurashi/jyuutaku_takuchi/teizyuu-shien.html

パンフレットURL

-

問い合わせ先

施設課施設グループ
北海道河西郡中札内村大通南2丁目1番地
電話番号:0155-67-2496(直通)
FAX番号:0155-67-2156

【見積無料】工事会社からの営業電話なし!

地元の優良業者から相見積もりを取ってみよう!

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

人気の記事

  1. 空き家を解体をすべきか否か?相続予定の方が知るべきポイント
  2. 全国の空き家の数は846万戸!?空き家問題と住宅資産活用の考え方
  3. 空家等対策特別措置法とはどのような法律?
  4. 空き家を有効活用する方法とは?
  5. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  6. 撤去予定の庭石や庭木を買い取ってもらえますか?
  7. 複数の所有者による共有名義の建物を壊す注意点はありますか?
  8. 解体工事のプロセスについて
  9. 解体工事の費用相場について
  10. いい解体業者の選び方

ページの先頭へ戻る