空家活用の匠

岩見沢市の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

岩見沢市の空き家に関する補助金一覧

岩見沢市あんしん住まいづくり助成金

【解体費用のシミュレーション】

解体費用の相場を手軽にシミュレーションすることができます。

  • 「クラッソーネ」では無料でご利用できる解体費用シミュレーターを提供しており解体予定の情報を入れるだけど相場感を知ることができます。
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出しているため、相場感を知りたい方はまず利用をおすすめします。
  • また、カーポートやブロック塀や浄化槽といった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能ですので、トータルの相場感も知ることができます。

目的

市民の住環境の向上を目的に、該当のリフォーム工事に補助金を交付します。

対象者の詳細

●助成対象者
住宅改修後もその住宅に住むことができる(解体工事は除く。)住宅の所有者、助成対象者およびその同一世帯の方が、市税等に滞納がなく下記に該当する方。
(1)住宅改修工事の場合
・自ら所有する住宅に住民登録をし1年以上居住している所有者。
・所有者が居住していない住宅に住民登録をし1年以上居住している所有者の配偶者又は一親等以内の親族で、所有者の承諾を得ている者。(20歳未満は除く。)
(2)中古住宅改修工事の場合
・中古住宅を購入し、その住宅に居住し住民登録をしている所有者。
(3)解体工事の場合
・岩見沢市内に居住し、住民登録をしている住宅所有者。

●対象工事
岩見沢市内にある住宅で申請するときに工事に着手していない下記工事。(助成金交付決定後着工のこと。)
(1)建築後5年以上経過した持ち家(マンションは専有部分)について、住宅の増築、改築、修繕及び住宅に付帯する外構工事(門・塀)。
(2)住宅に付帯する融雪設備工事(ロードヒーティングは玄関前通路に限る)。
(3)中古住宅を購入後1年以内に行う改修工事。
(4)昭和56年5月31日以前に新築または増改築に着工した軸組工法で建築された木造戸建て住宅の耐震改修工事。
(5)昭和56年5月31日以前に新築または増改築に着工した住宅の全部を解体する工事。
(6)岩見沢市内に本社のある法人および個人で岩見沢市へ届け出た登録建設業者で行う工事であり、その工事にかかる費用が税抜き30万円以上。また、工事に必要な関連資材を市内で購入するよう努めること。
※国や北海道および市などから、他の助成を受けた工事費用は除きます。

支援内容・支援規模

●助成金額は
(1)工事にかかった費用の10%、限度額は15万円(千円未満切捨て)。
(2)耐震補強工事・アスベスト飛散防止工事については、工事にかかった費用の20%、限度額は100万円とします(千円未満切捨て)。

なお、助成対象とする工事費用の0.4%が事務手数料として必要です。

募集期間

年度内の予算がなくなった時点で終了

対象期間

-

ホームページURL

http://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/i/kurasi/douro/reform.htm

パンフレットURL

-

問い合わせ先

建築課 建築指導係
0126-23-4111

【見積無料】工事会社からの営業電話なし!

地元の優良業者から相見積もりを取ってみよう!

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

人気の記事

  1. 空き家を解体をすべきか否か?相続予定の方が知るべきポイント
  2. 全国の空き家の数は846万戸!?空き家問題と住宅資産活用の考え方
  3. 空家等対策特別措置法とはどのような法律?
  4. 空き家を有効活用する方法とは?
  5. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  6. 撤去予定の庭石や庭木を買い取ってもらえますか?
  7. 複数の所有者による共有名義の建物を壊す注意点はありますか?
  8. 解体工事のプロセスについて
  9. 解体工事の費用相場について
  10. いい解体業者の選び方

ページの先頭へ戻る