空家活用の匠

いわき市の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

いわき市の空き家に関する補助金一覧

(既に終了しています)いわき市個人住宅優良ストック形成支援事業

目的

市民が行う個人住宅の改良を支援することにより、良好な住宅ストックの形成の促進と総合的な住宅施策の推進を図るとともに、市民の消費活動を促し、地域経済の活性化を図ることを目的としています。

対象者の詳細

●補助を受けるための要件
次の3点を満たすこと。
・いわき市に住民登録を行っていること。
・補助対象となる個人住宅の所有者本人又はその親族であり、かつ、その住宅に居住していること。
・世帯の全員が市税(市民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税)を滞納していないこと。

●補助対象となる工事
市内の施工業者が行う工事代金が10万円以上(消費税相当額を含む)の個人住宅の改良工事。
(他の補助制度で補助を受けた箇所の工事を除きます)

●留意事項
・補助は、1住宅につき1回限りです。
・この補助金の交付決定前に行った工事は、補助の対象となりません。
・平成27年2月27日(金曜日)までに完了報告ができる工事が、補助の対象となります。

支援内容・支援規模

●補助金の額
補助対象となる改良工事代金(消費税相当額を含む)の10%(千円単位未満の端数は切り捨て)
ただし、補助金の上限は、15万円です。

募集期間

平成26年6月16日(月曜日)から12月19日(金曜日)まで

対象期間

平成27年2月27日までに完了する工事

ホームページURL

http://www.city.iwaki.fukushima.jp/sumai/kenchiku/004539.html

パンフレットURL

http://www.city.iwaki.fukushima.jp/dbps_data/_material_/localhost/09_doboku/1040/26pamphlet.pdf

問い合わせ先

土木部 住宅課
電話:0246-22-7496
ファクス:0246-22-7596

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

いわき市の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る