空家活用の匠

遠賀郡芦屋町の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

遠賀郡芦屋町の空き家に関する補助金一覧

芦屋町老朽危険家屋等解体補助金

【解体費用のシミュレーション】

解体費用の相場を手軽にシミュレーションすることができます。

  • 「クラッソーネ」では無料でご利用できる解体費用シミュレーターを提供しており解体予定の情報を入れるだけど相場感を知ることができます。
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出しているため、相場感を知りたい方はまず利用をおすすめします。
  • また、カーポートやブロック塀や浄化槽といった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能ですので、トータルの相場感も知ることができます。

目的

芦屋町では住環境の改善、安心・安全のまちづくりを推進するため、町内の老朽危険家屋を解体する方に対し、町の定める家屋の老朽度の判断基準の値が一定以上のものに補助金を交付します。

対象者の詳細

●対象家屋
①周辺の住環境を悪化させ、適正に管理されていない木造または軽量鉄骨の建築物
②町が定める「家屋等の老朽度判定基準」の点数が一定以上であること

●対象者
①町税等の滞納がないこと
②解体しようとする建物の登記事項証明書に所有者として記録されている人
③②の相続関係者
④暴力団員等でない人

●対象工事
解体及び撤去を行う資格を有する町内の事業者による建築物解体工事であること

●その他
補助を受けるためには、必ず町との事前相談が必要となります。また、補助金交付決定通知書を受ける前に工事に着工した場合は補助の対象となりませんので、ご注意ください。

支援内容・支援規模

●補助額
建築物の解体に要する費用の2分の1以内、上限50万円

募集期間

-

対象期間

-

ホームページURL

http://www.town.ashiya.lg.jp/view.rbz?cd=2091

パンフレットURL

-

問い合わせ先

芦屋町役場 地域づくり課 地域振興係
電話:093-223-3543
ファックス:093-223-3927

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

くらそうねなら最安値の解体工事会社が見つかる!

ご希望の解体を選択してください

人気の記事

  1. 空き家を解体をすべきか否か?相続予定の方が知るべきポイント
  2. 全国の空き家の数は846万戸!?空き家問題と住宅資産活用の考え方
  3. 空家等対策特別措置法とはどのような法律?
  4. 空き家を有効活用する方法とは?
  5. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  6. 撤去予定の庭石や庭木を買い取ってもらえますか?
  7. 複数の所有者による共有名義の建物を壊す注意点はありますか?
  8. 解体工事のプロセスについて
  9. 解体工事の費用相場について
  10. いい解体業者の選び方

ページの先頭へ戻る