空家活用の匠

飯塚市の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

飯塚市の空き家に関する補助金一覧

飯塚市老朽危険家屋解体撤去補助金

【解体費用のシミュレーション】

解体費用の相場を手軽にシミュレーションすることができます。

  • 「クラッソーネ」では無料でご利用できる解体費用シミュレーターを提供しており解体予定の情報を入れるだけど相場感を知ることができます。
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出しているため、相場感を知りたい方はまず利用をおすすめします。
  • また、カーポートやブロック塀や浄化槽といった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能ですので、トータルの相場感も知ることができます。

目的

近年、空き家等が増加し、不完全な管理のまま長年放置されることにより、老朽危険家屋となることで、周辺住民の生活環境を著しく損なっています。
このような状況を改善、防止し、生活環境の保全及び安全安心、防犯防災のまちづくりを推進することを目的に、老朽危険家屋の解体に、補助金を交付します。

対象者の詳細

●補助対象者
次の各号のいずれかに該当する者とする。
(1) 現存する老朽危険家屋の所有者等で市税の滞納がない者
(2) 前号の所有者等から老朽危険家屋の解体又は撤去について、委任を受けた者

●補助対象老朽危険家屋
次に掲げる要件のいずれにも該当するものとする。
(1) 別表における評点の合計点数が100点以上であること。
(2) 所有権以外の権利が設定されていない建築物
(3) 国、地方公共団体、独立行政法人等が所有権等を有していない建築物
(4) 公共事業等による移転、建替え等の補償の対象となっていないこと。

支援内容・支援規模

●補助対象経費
市内に本店、営業所、事務所その他これに類似する施設を有し、家屋の解体及び撤去を行う資格を有する業者による、老朽危険家屋の解体又は撤去に要した経費とする。

●補助金の額
・補助対象経費の2分の1以内とし、50万円を限度とする。
・1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。
・補助金の交付は同一敷地内につき1回限りとする。

募集期間

-

対象期間

-

ホームページURL

http://www.city.iizuka.lg.jp/05seikatsu/akiya/index.php

パンフレットURL

-

問い合わせ先

飯塚市役所 総務部 防災安全課
〒 820-8501
福岡県飯塚市新立岩5番5号
飯塚本庁舎 2階
[代表]0948-22-5500(内線1231/1232)

飯塚市住宅リフォーム補助金制度

【解体費用のシミュレーション】

解体費用の相場を手軽にシミュレーションすることができます。

  • 「クラッソーネ」では無料でご利用できる解体費用シミュレーターを提供しており解体予定の情報を入れるだけど相場感を知ることができます。
  • 過去15万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出しているため、相場感を知りたい方はまず利用をおすすめします。
  • また、カーポートやブロック塀や浄化槽といった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能ですので、トータルの相場感も知ることができます。

目的

飯塚市では、市民の快適な住環境の整備及び地域経済の活性化を図るため、市内に住民登録をしている市民が、市内の施工業者によって住宅の改修工事を行なう場合に、経費の一部を補助金として交付します。

対象者の詳細

●補助対象者
以下のすべてに該当すること。
(1)飯塚市の住民基本台帳に記録されていること。
(2)補助の対象者及び同一世帯に属する者が、市民税、固定資産税、軽自動車税及び国民健康保険税(以下「市税」という)の滞納がないこと。ただし、住宅の所有者又は住宅の居住者が補助対象者と異なる場合にあっては、当該所有者又は当該居住者及びそれぞれの同一世帯に属する者も、市税の滞納がないこと。
(3)当該年度にこの補助金の交付を受けたことがないこと。
(4)補助の対象者及び同一世帯に属する者が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という)でないこと。
ただし、住宅の所有者又は住宅の居住者が補助対象者と異なる場合にあっては、当該所有者又は当該居住者及びそれぞれの同一世帯に属する者も、暴力団員でないこと。

●補助の対象となる住宅
次の各号のいずれかに該当する個人住宅又は併用住宅とする。
(1)補助の対象者又はその配偶者が所有し、自らが現に居住する住宅。
(2)補助の対象者の2親等内の親族で飯塚市の住民基本台帳に記録されている者が所有し、補助の対象者が現に居住する住宅。
(3)補助の対象者が所有し、補助の対象者の2親等内の親族が現に居住する住宅。

●補助対象となる改修工事
市内の施工業者が請負う工事で、工事費が10万円以上(消費税を除く)で、平成27年3月31日までに市に完了届が提出できる改修工事とします。
※補助金の申請を行い、補助金支給の決定通知書を受けた後に着工する工事であること。
次の各号に工事内容を示します。
(1)バリアフリー工事
手すりの設置工事、段差解消工事、滑り止め工事等
(2)省エネ工事
壁・床・天井等への断熱材の設置工事等
(3)耐震工事
基礎部分補強工事、筋かい構造用合板等による補強工事等
(4)耐久性能工事
屋根・壁の塗装改修工事、壁・床天井の改修工事等

支援内容・支援規模

●補助金の額
住宅の改修工事に要した工事費(消費税を除く)の10分の1に相当する金額(千円未満切捨て)で、10万円を限度とします。

募集期間

平成26年4月1日~

予算に達し次第終了

対象期間

-

ホームページURL

http://www.city.iizuka.lg.jp/05seikatsu/jutaku/kaihojyo/

パンフレットURL

-

問い合わせ先

飯塚市役所 都市建設部 建築課 建築第1係
福岡県飯塚市新立岩5番5号
[代表]0948-22-5500(内線1271/1272)

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

くらそうねなら最安値の解体工事会社が見つかる!

ご希望の解体を選択してください

人気の記事

  1. 空き家を解体をすべきか否か?相続予定の方が知るべきポイント
  2. 全国の空き家の数は846万戸!?空き家問題と住宅資産活用の考え方
  3. 空家等対策特別措置法とはどのような法律?
  4. 空き家を有効活用する方法とは?
  5. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  6. 撤去予定の庭石や庭木を買い取ってもらえますか?
  7. 複数の所有者による共有名義の建物を壊す注意点はありますか?
  8. 解体工事のプロセスについて
  9. 解体工事の費用相場について
  10. いい解体業者の選び方

ページの先頭へ戻る