空家活用の匠

十和田市の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

十和田市の空き家に関する補助金一覧

十和田市住宅リフォーム工事費用の一部を助成

目的

市民の住環境の向上と、市内経済の活性化を目的に、十和田市では、市民の方が市内に本店を有する施工業者を利用して住宅性能の向上を伴う改修工事を行う場合に、工事費用の一部を助成します。

対象者の詳細

●対象となるかた
(1)市内に住宅を所有しており、かつ、その住宅に居住(住民基本台帳に登録)している方
(2)市税等を滞納していない方
(3)以前に県又は市が実施する省エネ性能等の向上を図るための住宅リフォームによる、助成を受けていない方

●対象となる住宅
(1) 自己が所有し、自らが居住している市内の住宅
(2) 一戸建て住宅(併用住宅の場合は住宅部分の延べ面積が全体の1/2以上であること。)
※新築住宅は除く
(3) マンション等の集合住宅については居住専有部分
※賃貸住宅は除く

●補助対象工事
補助の対象となる工事は、次の(1)及び(2)に該当することが必要です。
(1) 工事内容
次のいずれかの住宅性能の向上を伴う既存住宅の改修工事
・耐震性能( 耐震診断を実施し、青森県木造住宅耐震診断・耐震改修審査委員会の判定を受けている建物)
・省エネルギー性能
・バリアフリー性能
・克雪性能
・防災性能

(2) 工事の要件
次の全ての要件に該当することが必要です。
1. (1)の対象工事内容が20万円以上の工事。
2. 次の1)又は2)に該当する、市内に本店を有する法人又は市内に住所を有する個人事業者が施工する工事。
1) 建設業許可を有する施工業者
2) 瑕疵保険事業者登録している施工業者
3. 住宅性能の適合基準を満たすもの。
4. 交付決定後に着手する工事

支援内容・支援規模

●補助限度額・補助率
*耐震性能の向上
総工事費の20%以内(上限額60万円)+かし担保責任保険加入の為の保険料及び現場検査料経費の半額

*省エネルギー、バリアフリー、克雪、防災性能の向上
総工事費の10%以内(上限額20万円)+かし担保責任保険加入の為の保険料及び現場検査料経費の半額

募集期間

平成26年6月2日(月)~平成26年11月28日(金)

受付終了

対象期間

-

ホームページURL

http://www.city.towada.lg.jp/docs/2014052600048/

パンフレットURL

-

問い合わせ先

建築住宅係
電話:0176-51-6738
ファクシミリ:0176-21-3533
E-Mail:toshiken@city.towada.lg.jp

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

十和田市の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る