空家活用の匠

八戸市の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

八戸市の空き家に関する補助金一覧

八戸市中心市街地内の中古住宅購入

目的

中心市街地の居住人口を増やすことにより、中心市街地の活性化を推進するため、中心市街地で住宅の取得等をした方に対して補助金を交付します。

対象者の詳細

●申請者について
・個人であること
・中心市街地内で、次に掲げる住宅の取得等をした方であること
住宅の新築、新築住宅の取得、
中古住宅の取得
増改築等の工事
・住宅の取得等に係る借入金を有する方であること
・2名以上が当該住宅に居住すること
(増改築等の場合は居住者が2名以上増加すること)

●住宅の場所
第2期八戸市中心市街地活性化基本計画に定める中心市街地の区域内の物件であること
【中心市街地の区域に全て含まれる町丁目(五十音順)】
荒町、稲荷町、岩泉町、内丸2丁目、内丸3丁目、徒士町、上徒士町、窪町、十三日町、十八日町、十六日町、常海町、新荒町、大工町、鷹匠小路、朔日町、堤町、寺横町、鳥屋部町、長横町、廿三日町、廿六日町、糠塚字下道、糠塚字下屋敷、馬場町、番町、堀端町、町組町、三日町、六日町、本鍛冶町、本徒士町、八日町

【中心市街地の区域に一部含まれている町丁目(五十音順)】
内丸1丁目、売市字観音下、売市字輿遊下、売市字右水門下、鍛冶町、柏崎1丁目、柏崎2丁目、上組町、十一日町、常番町、糠塚字古常泉下、吹上1丁目、山伏小路、類家字堤田、類家字縄手下 *住宅の敷地が中心市街地の区域に含まれているか詳細な図面による確認が必要な場合があります。

●住宅の種類
・戸建住宅
・店舗併用住宅(居住の用に供する面積が2分の1以上)
・分譲マンション
*賃貸住宅には適用しません。

●住宅の面積
登記簿上の床面積が50平方メートル以上であること

●住宅の所要室等
台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室及び居室を有する住宅であること

●増改築等
増改築等の工事内容は次のとおりで工事費用が100万円超であること
・増築
・改築
・大規模の修繕
・大規模の模様替
・上記のほか租税特別措置法施行令第26条第23項で定めるバリアフリー改修工事や省エネ改修工事等

●借入の対象
住宅の取得等に要した借入であること
(○住宅のみ ○土地付住宅 ×土地のみ)

●借入金の返済期間
償還期間又は割賦期間が10年以上であること

支援内容・支援規模

●補助金額
次のうち、いずれか少ない額
・借入額×3%
・50万円

※予算の都合により、全ての申請者の方に補助金が交付できるとは限りませんので予めご了承ください。

募集期間

平成26年12月26日(金)まで

対象期間

-

ホームページURL

http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/9

パンフレットURL

-

問い合わせ先

まちづくり文化スポーツ観光部
まちづくり文化推進室
中心市街地活性化グループ
電話 0178-43-9426
FAX 0178-41-2302

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

八戸市の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る