空家活用の匠

秋田(県)の空き家や廃屋に関する補助金・助成金一覧 補助金

秋田(県)の空き家に関する補助金一覧

秋田県平成26年度住宅リフォーム推進事業

目的

県では、住宅投資による県内経済の活性化や、住宅の住環境の向上を推進します。

対象者の詳細

●対象者
県内にお住まいの方(工事完了後に県内に転居する方を含む)で、次のいずれかに該当する方
①持ち家住宅(自己所有・居住の住宅)を増改築・リフォームする方
②親または子が所有し、自ら居住する住宅を増改築・リフォームする方
③親または子の持ち家住宅を増改築・リフォームする方
④自ら所有する住宅で、親又は子が居住する家住宅を増改築・リフォームする方

●対象住宅
・一戸建て住宅(併用住宅の場合は、住宅の部分が1/2以上の住宅)
・マンション等の共同住宅(専有部分のみ)

●対象工事
①増改築・リフォームに要する費用(消費税含む)が50万円以上
②県内に本店を有する建築業者等と工事請負契約を締結するもの
③平成26年4月1日以降に工事が完了するものであって、かつ平成27年3月20日までに完了実績報告書の提出ができるもの

●対象外工事
①公共工事の施行に伴う補償費の対象となる工事
②門・塀等、いわゆる外構工事(※リフォーム等工事に関わる工事を除く)
③住宅用太陽光発電システムの設置に係る経費
④他の補助制度を利用する場合で、当該補助制度で重複計上が認められない費用
⑤その他、補助金の交付が適当でないと認められる工事及び工事費用
※新築、全面改築を対象としている「秋田スギの家」普及促進事業とは併用できません。ご注意ください。

支援内容・支援規模

●補助額
補助対象工事に要する費用の10% 最大15万円(ただし千円未満切り捨て)
※平成22~25年度にリフォーム補助を利用された方は、補助を受けた工事箇所・工事内容と異なる工事を申請する場合は対象となります。その場合は、先に受けた補助金の合計額と合わせて15万円を限度とします。

募集期間

-

対象期間

平成27年3月20日までに完了実績報告書を提出すること

ホームページURL

http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1393549068845/index.html

パンフレットURL

-

問い合わせ先

建設部 建築住宅課
TEL:018-860-2561
FAX:018-860-3819
E-mail:kjseisak@mail2.pref.akita.jp

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

秋田(県)の解体工事業者を探す

人気の記事

  1. 空き家を解体をすべきか否か?相続予定の方が知るべきポイント
  2. 全国の空き家の数は846万戸!?空き家問題と住宅資産活用の考え方
  3. 空家等対策特別措置法とはどのような法律?
  4. 空き家を有効活用する方法とは?
  5. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  6. 撤去予定の庭石や庭木を買い取ってもらえますか?
  7. 複数の所有者による共有名義の建物を壊す注意点はありますか?
  8. 解体工事のプロセスについて
  9. 解体工事の費用相場について
  10. いい解体業者の選び方

ページの先頭へ戻る