空家活用の匠

日進市木造住宅耐震改修費補助金|全国補助金一覧 補助金

日進市木造住宅耐震改修費補助金

目的

木造住宅無料耐震診断を受診された住宅で、その総合評価判定値が1.0未満の診断結果(倒壊する可能性がある又は高い)となった場合、耐震改修工事を実施するにあたり、一定の要件に基づいて補助金を交付しています。

対象者の詳細

●補助対象となる木造住宅

以下のすべてに該当する木造住宅が補助の対象となります。

昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅
日進市が実施する木造住宅無料耐震診断において、総合評価判定値が1.0未満の木造住宅
(民間機関等で受けた耐震診断は対象となりませんのでご注意ください)

●補助対象となる耐震改修工事

以下のすべてに該当する工事が補助の対象となります。

日進市が実施する木造住宅無料耐震診断において総合評価判定値が1.0未満と診断された木造住宅について、総合評価判定値を1.0以上にする耐震改修工事。(ただし、総合評価判定値が0.7以上の場合は0.3以上の加算を要する。)
愛知県木造住宅耐震診断員による耐震補強工事計画に基づく工事であること。

支援内容・支援規模

工事費、設計監理及び補強計画に要する費用について1戸あたり(長屋建て・共同建ての場合は1棟あたり)90万円を限度とします。

募集期間

平成26年4月1日から10月31日まで

対象期間

26年度は終了

ホームページURL

http://www.city.nisshin.lg.jp/sumai/juutaku/taishinkaisyu.html

パンフレットURL

http://www.city.nisshin.lg.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/014/353/taishin-kouhu.doc

問い合わせ先

建築課建築係
電話番号:0561-73-2049
ファクス番号:0561-73-1821

空き家の撤去を最小限のコストで行うためのポイント!
"地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

無料一括見積

解体工事の助成金は活用出来そうでしたでしょうか?
空き家の撤去にあたって、補助金と合わせて考慮したいのが解体費用そのものの削減です。一般に、解体費用は業者によって3割程度前後することが珍しくありません。費用を抑える上でのポイントは、

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

日進市の解体工事業者を探す

ページの先頭へ戻る